東進の新年度特別招待講習

高速基礎マスターの重要性

みなさんこんにちは!担任助手の大嶋です(^-^)

11月に入り、次は12月と今年も残すところあと少しになってしまいましたね。

年が明けてから今年1年を振り返った時に「頑張った!」と胸を張って言えるように残り約2か月駆け抜けましょう!

さて、前置きはこの辺にして…

☆高速基礎マスターってやっぱり大事☆

今日はタイトルにもあるように、私の実体験を元に高速基礎マスターの重要性についてお話していこうと思います。

まず、私の現役時代の東進模試の英語の点数の推移を見てほしいです。

81(高1の2月) → 145(高2の12月)

10か月の間で約60点伸ばして「高2のうちに英語7割をとる」という私の当時の目標を達成することができました。

私の当時の東進での勉強を振り返ってみると、ここまで英語の点数を伸ばすことができたのは高速基礎マスターを短期で修得していたことが大きいです。

・英単語センター1800  高校1年 4月~8月 完全修得

・英熟語センター750   高校1年 9月~12月 修了

・英文法750   高校2年 7月~12月 完全修得

・上級英単語1000   高校3年 4月~5月 完全修得

英文法750を完全修得したあたりで目に見えて点数が上がっていき、また、高速基礎マスターをやることによって基礎がかなり固まったことを実感しました。

英語学習において基礎力の定着はめちゃくちゃ重要です!

単語や熟語、文法などの基礎が固まっていないのに、そこに英語を聞く・読む・書くなどといった応用を積み上げても点数は伸びません。なのでなるべく早い段階で基礎を固めていく必要があります。

みなさん、高速基礎マスターを利用して早期基礎力の定着を目指しましょう。

さいごに

クリスマスイベントの告知が行われましたね。

向上得点1点につき1ポイントが加算されます。

高速基礎マスターの完全修得による向上得点はとても大きいので、これを機に頑張ってみては…?

応援しています!!

1+
東進の新年度特別招待講習